FC2ブログ

大人に縛られた世界で「本当」を生きろ!『HUNTER×HUNTER~緋色の幻影~』



『劇場版HUNTER×HUNTER~緋色の幻影~』


 ジャンプ誌上では『BASTARD!!』に次ぐレベルで休載しまくっているあのHUNTER×HUNTERが遂に映画化した。
 だが、どういうわけか最近始まった新アニメ版は妙に評価が低い。
 過去に放映していた旧版スタッフの続投を求める署名活動まで行われているという有様だ。

 一体、新アニメ版の何が古参ファンにとって不満なのかはわからないが、そうした「HUNTER×HUNTERとはかくあるべき」という固定観念を抱えていては、作品が正当に評価されることもないだろう。 
 今回の劇場版も、どうやら原作ファンから酷評の嵐に見舞われている。
 私はグリーン・アイランド編をちょこっと読んだくらいで、大した思い入れもなかったわけだが今年劇場公開される映画は全部観るという謎の抱負を掲げてしまったので劇場に足を運んだ。


 結果、なかなか面白い作品であった
 原作を知らない=原作との相違点がわからない。というのが幸いしたのか、キャラクターはしっかりと立っていたし、幻影旅団?という敵組織の登場のさせ方も上手い。
 何より、ストーリーが非常によくまとまっていて、ターゲット層であろうお子さん方に対してもよく伝わるメッセージ性を持っている。それでいて、意外にエグい描写があったりと「これなら往年のファンも納得するんじゃね?」と思ったのだが、現実はそうでもないようだ……。


 あらすじはこんな感じ。

 偉大なハンターであるらしい自分の父を探す旅に出ているゴン。そして彼の仲間である、暗殺者一族の末裔キルア。
 二人はある日、仲間であるクラピカの持つ「緋色の眼」が奪われたとの報せを受けて彼の元に急行する。
 どうやらクラピカによると、全滅させられた筈のクルタ族(クラピカはその唯一の生き残り)の一人に出会い、眼を奪われたのだという。
 ゴンとキルアは、ハンター仲間のレオリオと共に、クラピカの眼を奪った者の正体を探るために調査を開始するのだった!


 うむ、非常に少年ジャンプらしいストーリーではないか。仲間のために立ち上がった主人公らが、強大な壁にぶつかり、挫折しかけたところを友情パワーで打開…………でも原作のハンターハンターはそんな感じじゃないらしい
 どうやら最近は熾烈な心理戦に重きが置かれているのだとか。昔はどうだったんだよとか言いたくもなるが。

 さて、王道とも言えるストーリーであるが、なかなかどうしてコレが楽しい。
 加えて前述したようなメッセージ性もあり、テーマがしっかりとしているのだから個人的には言うことなし。
 原作を知らない私でも楽しめるような設計でありながら、もとより知っている方にとってもクドくなりすぎない程度の説明。
 TVアニメから派生した劇場版としては、今年観た中で今のところ一番面白いと断言できる傑作である。

 どうしてそんなに面白かったのか? テーマについては追記にて!








 本作のテーマを語るにあたって欠かせないのは、やはり映画オリジナルのキャラクター達であろう。
 オリジナルキャラクターであるオモカゲは、幻影旅団の元No.4という実力者。
 彼は人の思いや感情?から、念によって人形を作り出すことの出来る能力の持ち主だ。

 劇中、オモカゲはゴンの仲間キルアから、暗殺者でもある彼の兄イルミの人形を作り出す。
 物語の冒頭で描かれるキルアとイルミの奇妙な兄弟関係は、エグい描写も相まって強烈。キルアの、自分よりも上位の人間に対する、どうすることもできない無力感が際立っている。
 本作のテーマは、その心の束縛とも言えるべき重圧や無力感に対する一つの答の提示である。
 それがいわゆる、ゴンの友情というやつだ。
 キルアは何度も確認するかのようにゴンの友達でい続けようと心の中で反芻する。その気持ちに対する強大な壁として、兄であるイルミをこういった形で登場させるのは実に上手い方法だ。
 クライマックスでは、オモカゲの能力を最大限に活かした対決も拝める(とはいえ、私は原作知らないので誰が誰だかわからないのだが……)

 こうした過去のいざこざに囚われている、という点では物語の鍵になっている(ようで実際はそこまでフィーチャーされていない)クラピカも同じ。
 そうした心の重圧に、いつまでも縛られてはいけない。
 今、自分の目の前には誰がいるのか。誰がいてくれるのかを考えるのが大事だよ、そういうことを言いたいのだろう。最近の子供達がキルアやクラピカのような、とてつもない業を背負っているのかは定かではないが……

 要するに過去は過去、それに囚われたまま今を生きることはできないのだ。
 そうして過去に囚われたまま大人になってしまったのが、オモカゲである。登場人物達に対する強大な壁であると同時に、反面教師でもあるというお得なキャラクターだ。
 このオモカゲと微妙に関わってくる、同じくオリジナルキャラクターのレツの立ち位置も良い。特にラストシーン!

 劇場用アニメーションとしては作画に物足りない点があるものの、ストーリーそのものの出来はすこぶる良質。
 原作未見だと逆に、そこに囚われず純粋な気持ちで楽しめるのではないだろうか。
 あまり固執しすぎると、ゴンのいないキルアみたいに落ち込んじゃうかもしれないぞ!
スポンサーサイト



Trackback

Comment

Post a comment

Secret


ランキング参加中

参加中!

検索フォーム

プロフィール

饂飩粉

Author:饂飩粉
 映画が大好きな大学生。実は特撮やアメコミなんかも好き。
 ブログは常に観た映画の中から印象深かった作品に絞って書いていくつもりです

twitter

ツイッターやってます

最新記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム