FC2ブログ

ループは『LOOPER/ルーパー』が止めるーぱー!



『LOOPER/ルーパー』


 時は2044年。
 主人公ジョーはルーパーと呼ばれる仕事をしている。
 仕事内容は至って簡単、指定された時間に指定された場所で銃を構えて待機――そして指定時刻にいきなり目の前に現れる誰かさんを銃殺! 報酬はその誰かさんが背負っているケースの中の銀塊。あとは死体をサクッと処理して終了。
 実はこの誰かさんとやらは、30年後の未来からタイムマシンによって送られてきている。
 2074年の世界では、ギャングが人一人を殺すのもままらない管理社会が出来上がっているのだ。そこでギャング達は違法とされているタイムマシンを使用して、邪魔者を過去に送って始末している。
 未来社会では『冷たい熱帯魚』のでんでんみたいなことをしたって一発でバレてしまうのだ!

 さて、このルーパーという職業には悲しい宿命がある。
 それは、30年後の2074年になった時、邪魔者と同じようにタイムマシンで飛ばされてしまうのだ。飛ばされた先の2044年で、過去の自分によって殺される運命を背負っている。
 このことをルーパー界ではループを閉じると表現している。
 2044年の自分からすれば、ルーパーを続けていると、いずれ自分自身を殺すことになるのだ。
 そして、ジョーにもその時がやってくる。普段は腕を拘束され頭に布を被せられた状態でタイムマシンに乗せられているはずが、2074年のジョー(通称オールド・ジョー)は何もつけていなかった……しかも俺(ヤング・ジョー)にソックリ……なんかすっげーハゲてるけど


 なんだか説明するだけでも面白いストーリーだ!
 この後ヤング・ジョーはオールド・ジョーを取り逃してしまい、ある目的のために動くオールド・ジョーと自分を雇ってくれている組織との三つ巴の争いが繰り広げられる。果たしてその行く末は……




 本作でヤング・ジョーを演じたジョセフ・ゴードン・レヴィットは、30年後の自分という設定のオールド・ジョー演じるブルース・ウィリスに似せるための特殊メイクを行っている。
 これがまたなんとも絶妙な特殊メイクで鼻の辺りが特にソックリになっているのだ!
 パンフレットの写真を眺めてみると、額のシワや眉なんかも似せているのがわかる。
 更には仕草やイントネーション(発音)までガッツリとブルース・ウィリスに近づけている(ここら辺は言われてもピンと来なかったけどな!)。
 観る前は「ジョセフの30年後がブルース!?」と思ったりもしたが、劇中でどんどん年をとっていくヤング・ジョーは確かにブルース・ウィリスになりそうな……20年後と23年後の間に何が起こったのかまではよくわからないのだが

 タイムトラベルものとしては、他にも優れた作品が幾つかあるが、本作はそのどれにも属さない。似ているものこそ多々あれど、大きく違う点がある。
 それは主人公が過去に飛んできた自分を殺す側だということだ。
 過去に飛んで、何かを成し遂げる……というタイプの作品とは、そこが違う。
 勿論過去に飛んでくるオールド・ジョーにも目的があるのだが、あくまでも主人公はヤング・ジョーである。

 そこんとこについてや、映画のテーマ?辺りを、追記に書くことにする。ネタバレはしてないのでご安心をー。


 




 主人公のヤング・ジョーは幼い頃、母親に麻薬の代金として売られたという悲惨な過去を持っている。
 その後もあまり宜しくない少年期、青年期を経て、ルーパーと言う掃除屋紛いの仕事をしているのだ。 
 得られる報酬は破格なので、裕福な生活が送れる――他のルーパー達は湯水の様にクラブで金を使い、30年と決まった余命を盛大にエンジョイしようとしている……ちなみにそのクラブはルーパーを雇っている組織が経営しているので、報酬もまたループしている。

 2044年は、破綻した経済がろくに建て直しもされないまま、貧富の差はとんでもなく拡大している。幼い頃から窃盗をする子供たちの姿が描かれるが、盗まれた側も何の躊躇いもなくその子を射殺するというとんでもなく退廃した未来だ。
 色々とSFチックな近未来メカやアイテムも多く登場するが、スラム街にはロクに整備もされていない錆び付いた自動車ばかり。

 その中でヤング・ジョーは必要最低限の生活と、時々高級娼婦を買うくらいで、殆どの銀塊を自宅に溜め込んでいる。いつかフランスにいって優雅に余生を過ごすのだと……そう考えながら、ルーパーとしての変化のない日々を生きている。
 何よりも自分が大事、その点では、彼もまた他のルーパーと同じだ。

 そんなヤング・ジョーの前に、何か訳知り顔のオールド・ジョーが現れる……。
 オールド・ジョーはヤング・ジョーと違い、自分本位ではなかった。自分よりも大切なものを見つけ、それを救うために2044年に飛んできたのだ(観ればわかるのだが、オールド・ジョーはタイムマシンに入るかどうかの選択の余地があった)。

 しかし、いくら未来の自分だからといって好き勝手にされると現在の自分の立場が危ない。ヤング・ジョーはオールド・ジョーを始末するために彼を追いかける。
 しかし、ヤング・ジョーが体験したり考えたりしたことは、全てオールド・ジョーにとっての過去の経験となるというのがネック。この辺りも、今までのタイムトラベルものではありそうでなかった設定だ。
 オールド・ジョーは逆に、追ってくるヤング・ジョーを殺せば自分も消えてしまうから迂闊に手を出せない。また、組織に追われるヤング・ジョーのことも助ける必要がある。その上で、自分の目的を果たさなければならないという非常に複雑な状況下に置かれている。

 それでもオールド・ジョーは諦めない。自らの目的のために、ジョン・マクレーンばりの大暴れ
 劇中、オールド・ジョーが目的のためにある行為をする。その直後の彼の苦しみは、計り知れないものに違いない。それでも彼には、やらねばならないことがあるのだ。それは、ある意味で組織への復讐とも言える。

 一方のヤング・ジョーは、わけがわからないままにオールド・ジョーの目的地へと一足先に辿り着いてしまう。
 そこである女性との交流を経て、彼の心境には変化が起こる。
 このあたりのプロセスは非常に重要だ。だが、少々ダルくて盛り下がるというのが欠点だ。映画的には外せないシーンだけに、もう少し緊張感がほしかった。


 さて、ヤング・ジョーからすればオールド・ジョーの自分本位な頑固さが反面教師として目に映ったかもしれない。
 どうして未来の自分はそんなに大暴れするのかということだって、本人に聞いたところで実感がないので意味が無い。ただ、自分の生きる今を邪魔されるのは許さない……。
 ヤング・ジョーにとって、ルーパーの仕事は大きな組織によって与えられたもの。従っていれば、余命は短いがその後の人生は保証される。
 だが、オールド・ジョーは未来の自分だ。いずれ自分は過去に飛ばされ、こうして2044年を引っ掻き回す存在になるのではないか?

 ヤング・ジョーは、今までの人生で一度も決断したことがなかったのだ。ただ言われるがままにルーパーとして働き、ぼんやりと将来のことを考える。だから繰り返しの毎日を受け入れていた。
 しかしオールド・ジョーは違う。とある時点で決断をし、そのせいで起こってしまった出来事を止めるために過去にやってきた。
 更に、前述したある女性も、一つの決断を下している。彼女の存在が、ヤング・ジョーにも決断の時が迫っていることを教えている

 それはつまり、ループを閉じるかどうか、の決断である。
 ルーパーとして、目的を果たされる前にオールド・ジョーを殺せば今はそれでいい。結果的に未来には何の影響もない。
 だが30年後、オールド・ジョーとなったヤング・ジョーは同じ事を繰り返す羽目になる。
 もしくは、オールド・ジョーに目的を果たさせ、どうにかして自分も生き延びること。だが、本当にそれが可能かはわからない。

 組織の元で命令どおりに動くか、自分を信じるかの二択のようにも思えるが、ヤング・ジョーが何を信じて行動するかで、未来は無限に枝分かれしていくだろう。
 ヤング・ジョーの決断、信じた事。それは一体何なのか、是非劇場で確かめてほしい。

 私的な感想を述べると、私は彼の決断に大いに賛成である。
 理由を述べるとネタバレになってしまう!
 だが『96時間/リベンジ』と似ている……ような……とだけ言っておく。
スポンサーサイト



Trackback

Comment

Post a comment

Secret


ランキング参加中

参加中!

検索フォーム

プロフィール

饂飩粉

Author:饂飩粉
 映画が大好きな大学生。実は特撮やアメコミなんかも好き。
 ブログは常に観た映画の中から印象深かった作品に絞って書いていくつもりです

twitter

ツイッターやってます

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム