FC2ブログ

『キャビン・イン・ザ・ウッズ』は、本当に誰も見てないの……?



『キャビン・イン・ザ・ウッズ』

 公開予定は来年だが、第5回したまちコメディ映画祭で一足先にジャパンプレミアに行ってきたゾ!
 明らかにホラー映画なのに、なんでコメディ映画祭で上映したのか?という疑問は観ている間に払拭された。
 脚本を務めているのは日本に対してこれが映画だと主張してきたアベンジャーズ』の監督したジョス・ウェドンである。アベンジャーズを、シリアス一辺倒にならないユーモア溢れる映画に仕上げた彼が書いているのだから、当然のように笑いどころがチラホラ――というより、コメディなんじゃないかと思うほど面白い
 当然のように期待値はMAXだったわけだが、率直な感想を言おう!

試されているかと思うほどマニアック!
数々のホラー映画を、今までに観てきた分だけ楽しめる!


 要するに、『13日の金曜日』大好き!『悪魔のいけにえ』大好き!『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』大好きぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいな人向けの映画だ。
 そういうのが大好きな(映画秘宝とか読むのが好きな)人が観ると「ああ、B級ホラー映画たっくさん観てきてよかった……」と今までの人生に意味を見出し且つ超絶楽しめるに違いない!

 あらすじはこんな感じだっ

 大学生の仲良し五人組(男子3人女子2人。この中に一人、マイティ・ソーがいるっ!)は、休日を山奥にある別荘で過ごすことに。
 人気の無い道中、寂れたガソリンスタンドに立ち寄った彼らは、無愛想な老人(話す前に必ず口からペッ!って何か吐く)に「生きて帰れんぞ……」などと不吉な一言を浴びせられる。
 無事に森の中のキャビン(別荘)に着いた彼らは、夜中に怪しげな地下室を発見する。
 そこは、古い日記帳やら球体のパズルやらホラ貝やら謎の映画フィルムやら綺麗なネックレスやらバレリーナが回るオルゴールやら見るからに怪しいアイテムの宝庫だった!
 そして、そのうちの一人が古い日記帳を読み上げた――それが悲劇の引鉄とも知らずに…………


 ……とまあ、もはやお約束過ぎて今後の流れも大体わかってしまうぐらい聞き飽きたストーリーなのだが、何かが違う。
 上に貼った予告編を再生してもらえばわかるのだが、予備知識なんて欲しくない!という方のためにあえて多くは語らない
 ちなみに、予告編は全くネタバレではない。使用している映像は、物語の序盤ばかりだ。

 というわけで、追記では予告編を観た方向けに書いていこうと思う。
 これ以上の情報は要らん!という方は来年までグッと堪えていただきたい……もうちょっと早く公開すればいいのに!と思わずにはいられん!


 





 さて、予告編を観た方はわかるかもしれないがこのホラー映画、いつもと何かが違う……
 なんか見えない壁にぶつかったかのような大鷲もそうだが、何者かがキャビンそのものを操作しているかのような、そんな感じだ。
 そう、五人がやってきた別荘は、誰かが監視しているのだ……一体どこからどこまでが、彼らの手によるものなのだろうか……。

 ちなみに五人の登場人物はこれがまたとてつもなくコテコテのホラー被害者達なのである。
 まず男性陣から紹介していくと、彼女持ちの体育会系男子。イケメンでガタイも良く、別荘の所持者は彼のイトコという設定。
 そしてヤクを吸いまくり、男女分け隔てなくフランクに接するお調子者。伸縮機能つきのパイプは、ちょっとだけカッコいい。
 最後に勤勉なマジメ君だ。女の子の脱衣シーンもロクに見れないが、やるときはやるタイプである。勿論メガネ。

 女性陣の方は、まず体育会系のカノジョだ。服装はセクシーで、とにかく言動がエロい(ルックスはまあ……うん……)。基本的にホラー映画では真っ先に服脱いで死ぬキャラである。
 もう一人は処女! ピュアピュアで理性があって少なくともビッチより可愛くて要するにヒロインポジションである。何かとホラー映画では長生きする

 まさにホラー映画のアベンジャーズ! こんなに見覚えのあるキャラクター達が一堂に会するなんて、これをアベンジャーズと言わずしてなんと言う!?

 更にアベンジャーズなのはこれだけではない……ここまでしか言えないからここまでにしておく!
 とにかく、楽しむためならホラー映画をたくさん観ておくこと!
 できるだけ古めで、今となっては王道となっているものであればあるほど良い。
 今回のジャパンプレミア後に水道橋博士とトークショーを行った町山智浩曰く『13日の金曜日』『ヘルレイザー』『スクリーム』『悪魔のいけにえ』そしてラヴクラフトの主要な短編を読んでおくと良いらしい……。

 とにかく、早くもう一回観たい! という思いが募るばかり! 観れば観るほど新しい発見に出会えるとのこと!
 私も秋冬で懐かしのホラー映画をたくさん観ちゃおうかな……とにかく傑作なので今のうちにできることはやっておくべし!
スポンサーサイト



Trackback

Comment

No title
プロフに「映画が大好きな大学生。実は特撮やアメコミなんかも好き」とありますが「実は」の意味がわかりません。
「町山智浩曰く『13日の金曜日』『ヘルレイザー』『スクリーム』『悪魔のいけにえ』そしてラヴクラフトの主要な短編を読んでおくと良いらしい……」と言ってますがあなたはそれについてどう思いましたか。それを言わないと”感想”にすらならないと思います。
  • 2013-02-23│23:59 |
  • URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


ランキング参加中

参加中!

検索フォーム

プロフィール

饂飩粉

Author:饂飩粉
 映画が大好きな大学生。実は特撮やアメコミなんかも好き。
 ブログは常に観た映画の中から印象深かった作品に絞って書いていくつもりです

twitter

ツイッターやってます

最新記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム