FC2ブログ

月面ナチスの面白さはァアアせかかぁあああアイアン・スカイ!!



『アイアン・スカイ』

 来る9月15日、お台場シネマメディアージュにて開催されたフィンランド映画祭2012 in Japanのオープニング作品である。これが日本最速公開であったとのこと!

 さて、噂と予告編だけが飛び交って映画好きの間でも話題になっていたこの映画だが、実際に観た感想を言おう。

 期待を裏切らない、夢のような映画だったゾ!

 あらすじは、もう知ってると思うけどあえて説明!

 2018年、アメリカ大統領(神経質なピアノ教師みたいな女性)は再選するために黒人を乗せた宇宙船を月面に着陸させる一大イベントを行うことにした。ちなみに他国は単なる選挙活動の一環とは思っていない(実際その通り……)
 選ばれたイケてる黒人ファッションモデル(でも見るからにバカそうで、本当にバカだった)は無事に月面へと降り立つが、そこで突然黒ずくめの集団に捕われてしまう。
 連れて行かれた場所は、月の裏側(トランスフォーマーでお馴染みのダークサイド・オブ・ザ・ムーン!)に建造された鉤十字型の月面基地だった!
 なんと遡ること1945年、敗北寸前のナチスの一部は月面に避難しており、70年以上の歳月をかけて着々と地球侵略の準備を進めていたのだ!
 さて、ヒロインであるナチ女のレナーテ(ほほう、これはなかなか……)は、初めて見る黒人の意外なイケメン具合や優しさに、今まで自分が信じてきた地球についての知識に疑問を抱き始める。そして、その心には小さな恋の予感が、芽生え始めていたのだった……。


 端的に言えば、月面に避難していたナチスがUFOを駆って地球を攻めるお話である。
 一言で語れるストーリー!しかし誰もが思い描くだけで、実際に目にしたことはない、夢のようなおとぎ話!
 それが遂に、映画という形となって誕生した。
 期待を裏切らないクオリティとストーリー、昔ながらのSFを思い起こさせるユーモラスな社会風刺……どれをとっても我々の需要をピンポイントで捉えている。
「こんな映画が観たかったんだよ!」と思わずにはいられないほどステキなB級SF超大作である!

 個人的には、ヒロインであるナチ女レナーテを演じた女優が中々好みのタイプである。
 最初はまとめ髪で、中盤はウェーブがかった髪を下ろし、終盤はストレートヘアーと髪型を変えていく度にどんどん美人になるという恐ろしい手法で私のハートを完全ホールドしてきた。確かに彼女と結婚だなんてラッキーだぜ!

 ちなみに『アイアン・スカイ』は、単なる地球侵略映画ではない。
 意外にもワラワラいる登場人物それぞれのわりと身勝手な思惑が幾重にも交錯し、そこに生まれる滑稽さを描くという極めて古典的な社会風刺映画スタイルをとっている。
 ただ本作の場合はそうした風刺が思いっきりギャグの方向に振り切れていて、とにかく笑える。観てる間は、主に大統領やその選挙活動を取り仕切る女性(終盤の暴走っぷりは必見!)に腹筋が耐えられなくなること必至。オマエらそんなに戦争がしたいのか!w

 ステキなシーンといえば、国際同盟(なんだそれは……)の場における、各国代表達の会議――じゃなくて口喧嘩だろう。
 月面ナチスが攻めてくる前から平気でウソを吐きまくるし、攻めてきた途端に北朝鮮代表がとんでもないことをのたまうし平和条約は……おっと、ここは重要な伏線なのでこのへんで留めておく。
「こいつらは一体誰と戦っているんだろうね?」という監督の問いかけが聞こえてきそうなほどである。そして驚愕のラストまで、一気に突っ走っていく。

 風刺とは全く関係なさそうな笑いどころも数多くある。月面ナチス軍最強の兵器を起動させるために必要な地球上のアイテムとは……是非劇場で確かめるべし!


 尚、本作のノベライズ版が絶賛発売中である。字幕の翻訳を担当した高橋ヨシキ書き下ろし(つまり翻訳本ではない!)で、登場人物のおバカな心理描写が豊富だ。
 また、『アイアン・スカイ』を楽しむために必要な最低限のナチ知識も同時に得られるのでヒジョーにお得である。
 まさに映画『アイアン・スカイ』をもっと深く楽しみ、味わうためのマストバイな小説だ! 文庫なのでお値段もとってもリーズナブル(Amazonのリンク貼りたいけど眠いので割愛!)
 注意事項としては、映画本編をなぞっているので小説そのものは映画のネタバレ満載ということだ。
 映画を観た後でも勿論楽しめる(多分また観たくなるだろうね!)ので、これは絶対に買い逃してはいけないゾ!

 追記はナシ。まだ公開前だし、これ以上は何も語るまい。9月28日が待ち遠しい限り!
スポンサーサイト



Trackback

Comment

No title
もう御覧になったんですね!羨ましい!
そしてネタバレなしで早々にレビューをあげてくださってありがとうございます。
すごく気になっていた作品なんですが期待を裏切らない作品とのことですごくワクワクしてきました(笑)
観るのが待ち遠しいです!
  • 2012-09-17│23:12 |
  • alai Lama URL│
  • [edit]
Re: No title
 alai lamaさんコメントありがとうございます!
 本当に夢のような映画体験でしたよ! 月からナチスがUFOの大群で攻めてくるという一発ネタではないことを保証いたします!
 今年観た中でもかなり上位の、見逃せない一品でした!
 製作陣にはドイツ人もいて、しかもドイツでも大ヒットしたとか笑
 コレを機に、こういった映画がどんどん日本に来てくれると嬉しいですね!
  • 2012-09-21│00:41 |
  • 饂飩粉 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


ランキング参加中

参加中!

検索フォーム

プロフィール

饂飩粉

Author:饂飩粉
 映画が大好きな大学生。実は特撮やアメコミなんかも好き。
 ブログは常に観た映画の中から印象深かった作品に絞って書いていくつもりです

twitter

ツイッターやってます

最新記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム