FC2ブログ

大人に縛られた世界で「本当」を生きろ!『HUNTER×HUNTER~緋色の幻影~』



『劇場版HUNTER×HUNTER~緋色の幻影~』


 ジャンプ誌上では『BASTARD!!』に次ぐレベルで休載しまくっているあのHUNTER×HUNTERが遂に映画化した。
 だが、どういうわけか最近始まった新アニメ版は妙に評価が低い。
 過去に放映していた旧版スタッフの続投を求める署名活動まで行われているという有様だ。

 一体、新アニメ版の何が古参ファンにとって不満なのかはわからないが、そうした「HUNTER×HUNTERとはかくあるべき」という固定観念を抱えていては、作品が正当に評価されることもないだろう。 
 今回の劇場版も、どうやら原作ファンから酷評の嵐に見舞われている。
 私はグリーン・アイランド編をちょこっと読んだくらいで、大した思い入れもなかったわけだが今年劇場公開される映画は全部観るという謎の抱負を掲げてしまったので劇場に足を運んだ。


 結果、なかなか面白い作品であった
 原作を知らない=原作との相違点がわからない。というのが幸いしたのか、キャラクターはしっかりと立っていたし、幻影旅団?という敵組織の登場のさせ方も上手い。
 何より、ストーリーが非常によくまとまっていて、ターゲット層であろうお子さん方に対してもよく伝わるメッセージ性を持っている。それでいて、意外にエグい描写があったりと「これなら往年のファンも納得するんじゃね?」と思ったのだが、現実はそうでもないようだ……。


 あらすじはこんな感じ。

 偉大なハンターであるらしい自分の父を探す旅に出ているゴン。そして彼の仲間である、暗殺者一族の末裔キルア。
 二人はある日、仲間であるクラピカの持つ「緋色の眼」が奪われたとの報せを受けて彼の元に急行する。
 どうやらクラピカによると、全滅させられた筈のクルタ族(クラピカはその唯一の生き残り)の一人に出会い、眼を奪われたのだという。
 ゴンとキルアは、ハンター仲間のレオリオと共に、クラピカの眼を奪った者の正体を探るために調査を開始するのだった!


 うむ、非常に少年ジャンプらしいストーリーではないか。仲間のために立ち上がった主人公らが、強大な壁にぶつかり、挫折しかけたところを友情パワーで打開…………でも原作のハンターハンターはそんな感じじゃないらしい
 どうやら最近は熾烈な心理戦に重きが置かれているのだとか。昔はどうだったんだよとか言いたくもなるが。

 さて、王道とも言えるストーリーであるが、なかなかどうしてコレが楽しい。
 加えて前述したようなメッセージ性もあり、テーマがしっかりとしているのだから個人的には言うことなし。
 原作を知らない私でも楽しめるような設計でありながら、もとより知っている方にとってもクドくなりすぎない程度の説明。
 TVアニメから派生した劇場版としては、今年観た中で今のところ一番面白いと断言できる傑作である。

 どうしてそんなに面白かったのか? テーマについては追記にて!


[大人に縛られた世界で「本当」を生きろ!『HUNTER×HUNTER~緋色の幻影~』]の続きを読む

スポンサーサイト



ループは『LOOPER/ルーパー』が止めるーぱー!



『LOOPER/ルーパー』


 時は2044年。
 主人公ジョーはルーパーと呼ばれる仕事をしている。
 仕事内容は至って簡単、指定された時間に指定された場所で銃を構えて待機――そして指定時刻にいきなり目の前に現れる誰かさんを銃殺! 報酬はその誰かさんが背負っているケースの中の銀塊。あとは死体をサクッと処理して終了。
 実はこの誰かさんとやらは、30年後の未来からタイムマシンによって送られてきている。
 2074年の世界では、ギャングが人一人を殺すのもままらない管理社会が出来上がっているのだ。そこでギャング達は違法とされているタイムマシンを使用して、邪魔者を過去に送って始末している。
 未来社会では『冷たい熱帯魚』のでんでんみたいなことをしたって一発でバレてしまうのだ!

 さて、このルーパーという職業には悲しい宿命がある。
 それは、30年後の2074年になった時、邪魔者と同じようにタイムマシンで飛ばされてしまうのだ。飛ばされた先の2044年で、過去の自分によって殺される運命を背負っている。
 このことをルーパー界ではループを閉じると表現している。
 2044年の自分からすれば、ルーパーを続けていると、いずれ自分自身を殺すことになるのだ。
 そして、ジョーにもその時がやってくる。普段は腕を拘束され頭に布を被せられた状態でタイムマシンに乗せられているはずが、2074年のジョー(通称オールド・ジョー)は何もつけていなかった……しかも俺(ヤング・ジョー)にソックリ……なんかすっげーハゲてるけど


 なんだか説明するだけでも面白いストーリーだ!
 この後ヤング・ジョーはオールド・ジョーを取り逃してしまい、ある目的のために動くオールド・ジョーと自分を雇ってくれている組織との三つ巴の争いが繰り広げられる。果たしてその行く末は……




 本作でヤング・ジョーを演じたジョセフ・ゴードン・レヴィットは、30年後の自分という設定のオールド・ジョー演じるブルース・ウィリスに似せるための特殊メイクを行っている。
 これがまたなんとも絶妙な特殊メイクで鼻の辺りが特にソックリになっているのだ!
 パンフレットの写真を眺めてみると、額のシワや眉なんかも似せているのがわかる。
 更には仕草やイントネーション(発音)までガッツリとブルース・ウィリスに近づけている(ここら辺は言われてもピンと来なかったけどな!)。
 観る前は「ジョセフの30年後がブルース!?」と思ったりもしたが、劇中でどんどん年をとっていくヤング・ジョーは確かにブルース・ウィリスになりそうな……20年後と23年後の間に何が起こったのかまではよくわからないのだが

 タイムトラベルものとしては、他にも優れた作品が幾つかあるが、本作はそのどれにも属さない。似ているものこそ多々あれど、大きく違う点がある。
 それは主人公が過去に飛んできた自分を殺す側だということだ。
 過去に飛んで、何かを成し遂げる……というタイプの作品とは、そこが違う。
 勿論過去に飛んでくるオールド・ジョーにも目的があるのだが、あくまでも主人公はヤング・ジョーである。

 そこんとこについてや、映画のテーマ?辺りを、追記に書くことにする。ネタバレはしてないのでご安心をー。


 

[ループは『LOOPER/ルーパー』が止めるーぱー!]の続きを読む

『青の祓魔師 劇場版』原作ファン向けか……『ONE PIECE FILM Z』

 2013年の抱負に今年公開されるアニメ映画を全て観ることを掲げた。
 なので、ウォーミングアップがてら去年の暮れに公開されたアニメーション映画を二作品観てきたぞ!
 ちなみに今年公開されるアニメ映画のラインナップに、早くも心が折れそうなのはここだけの話だ。



『青の祓魔師 劇場版』

 原作漫画は1ページも読んだことがない。
 アニメも、年末にたまたま10.5話なるネコが主役のエピソードを観ただけだ。
 普段なら絶対観ないところだが、映画館で上映するからには新たなファンを獲得するための入り口的な役割も果たしてくれるだろう……と高をくくっていた。

 だが現実はそんなに甘くなかった……

 あらすじはこんな感じ。ちなみに観たままのイメージなので、もしかすると間違っているかもしれない。


 祓魔師になるために絶賛修行中の高校生、奥村燐(声は折紙サイクロン)はファントムトレインという列車型の悪魔を祓うミッションで失態を犯し、5日間の謹慎を食らってしまう。
 更にそのミッションの最中に助けた(?)小さな子供のような悪魔ウサマロ(声はシャナ)を一時的にだが預かる羽目に。
 既に祓魔師として戦っている弟の雪男(声はルルーシュ)にも猛反対されたものの、次第に交流を深めていく燐とウサマロ。 
 しかし、彼らの周囲で次第に奇妙な出来事が起こり始めるのであった……。
 それにはどうやら、燐と雪男が幼い頃に読み聞かされた絵本に出てくる悪魔が関わっているらしい。


 本作は、祓魔師見習いの主人公が、本来祓うべき敵であるはずの悪魔と何故か共同生活をするというのが多分見所なんだと思う。
 物語の冒頭は、簡単かと思われた戦いが徐々に派手になっていくという面白い盛り上げ方。
 ただその後がイマイチである。
 いきなり主人公が自宅謹慎なので、彼やその周囲が普段何をしているのかさっぱりわからない。
 脇役も突然現れて、三人がかりでコメディを担当。後に活躍するのかと思ったら祭りでバカ騒ぎするのみ。なんだったんだ彼らは……。

 こうしたアニメ視聴者でないと追いつけないキャラクターの総出演に加えて、物語は着々と進行している。
 どうやら11年ごとに結界を張り替えるという仕事を別のキャラクター達が行っているのだが何かお経みたいなものをブツブツ唱えてるだけなのでとてつもなくジミだ。
 せめてあの巨乳のお姉さん(確か名前はシュラ)のお乳が念仏中にフワフワ揺れるとかそういうサービスくらい欲しかった。

 主人公側の日常と、その影で行われている結界云々は設定上関わりがあるだけで、テーマなどの内的なものとしての結びつきはない。
 だから、別々の出来事が終盤でカッチリと重なる、というカタルシスもあまり感じられなかった。

 クライマックスも、ド派手なアクションシーンが待ってるのかと思いきや絵的な迫力のみであまり戦ってはくれない。剣とか銃とか物騒なアイテム持ってるわりに、地味なアニメなのだろうか?
 最終的には主人公の燐が小さな悪魔を、自分達のしでかしたことを棚に上げた説教で改心させる。
 それまでにあった兄弟の意見の相違や、祓魔師として~~みたいなものは全て丸投げ。
「どんなに辛くても絶対に忘れちゃいけないことがある」そうだよお前はゴースト優先して生きている人々に迷惑かけたことをすっかり忘れてるんだよ!
 ちなみにこのことは小さな悪魔にも言えることで、てっきりやってしまった事に対する自覚と責任がテーマなのかと思いきやそうではなかった……。
 記憶についての物語なら、記憶としてもっと他にも触れるべき事柄は劇中で散々やったはずだ。

 大した盛り上がりもなければ、これを観て原作やTVアニメ版に興味が湧くかと思えばそうでもない。
 スケールを大きくしたわりに後半はバトルシーンもほとんどなく、全体的に消化不良な映画であった。これならOVAでよかったんじゃないか……?



 追記では先日興行収入が52億を突破したという脅威のモンスター映画『ONE PIECE FILM Z』について述べる。
 予め言っておくと、私のワンピースは空島辺りで止まっているので、今回も予備知識はほぼゼロだ。
 フランキーはまだなんとなく知っているが、あの骸骨は一体何者なんだ!?


 

[『青の祓魔師 劇場版』原作ファン向けか……『ONE PIECE FILM Z』]の続きを読む

2012年の映画まとめ~映画編~

明けましておめでとうございます!

 気がついたら年越してた!
 というわけで既に去年のことだが、2012年に日本公開した映画の中でも、特に私が気に入った映画を10本挙げたいと思う。
 本当は年内に更新したかったのだが、すっかり忘れていた……
 ランキング風に番号を振ったが、ほぼ順不同です!

①『ドライヴ』

 当ブログでも絶賛した『ドライヴ』が栄えある第1位。
 特筆すべきはその完成度の高さとセンスなのだが、言葉にして語るよりは観ていただいた方が早い。
 主人公のドライバーは、ほとんど無口で物静かな男。
 そんな彼が時折見せる、バイオレンスな描写が光る。凄いのは、そのバイオレンスな描写の中に、ちゃんと感情が込められていること。
 エレベーター内でのシーンは、カメラワークや照明、演出どれをとっても完璧の一言に尽きる。
 私もブルーレイを買ったのだが、肝心のプレーヤーを持っていない……。
 誰か買ってくれ!



②『愛と誠』

 当ブログでも絶賛した以下略。
 記事でも色々書いたが、私にとってこの映画がお気に入りなのは、需要に完璧にマッチしていたからである。
 世の中には、自覚もなしに自分のことばかり一方的に語る者が多すぎるのだ。そう、まるでこの映画の登場人物が突拍子もなく歌って踊りだすかのように……
 そんな迷惑極まりない連中に浴びせる、主役、妻夫木聡の視線!ツッコミ!暴力!私はこんなカタルシスが得たかった!
 注目すべきは、その妻夫木ですら物語の冒頭で歌い、踊っていること。そこに暴力が混じっている。つまり、彼の拳もまた勝手な自分語りに等しいというわけだ。
 そうした諸々の好き勝手な連中が、最終的にどんな行動を取るのか……ラストの予想だにしない切なさは、まさに言葉の要らないそのものである。



③『TIME』

 当ブログ以下略
 思えばこの『TIME』が、記念すべき最初の記事に書いた映画だった。
 設定の面白さばかりで、内容はイマイチなどと言われているが、私はそうは思わなかった。
 SFというものが、現代社会の皮肉だったり問題点を浮き彫りにしたような設定なのはよくあること。
『TIME』が取り上げたのは、さしずめ原題の資本主義社会と言ったところだろう。
 いくらでも深く掘り下げることができるが、単純に言えるのはもともとの資本(金=時間)がなければ何も出来ないということ。
 富裕層の連中が、貧困層の者達に労働させることで巨万の富を築き上げているシステムが、この映画ではまるで悪夢の様に描かれている。しかし、この状況は現代にも通じているのだ。
 反乱を起こそうにも、貧困層は幾つものゲートによって隔絶されている。これが同時に、容易く時間を奪えるシステムに対する防御手段にもなっているのだ。
 そんな貧困層で生まれ育った主人公が、ふとしたことから巨万の時間を託されたら……?
 ほら! 気に入らなかったアナタももう一回観てみなさいってば!



④『アベンジャーズ』

 史上最強の映画、以上!
 本当に何も言うことがない! だってこれはお祭りなんだから!



⑤『高地戦』

 当ブログでは紹介してない作品である。
 現代の韓国と北朝鮮が、過去に起こした南北戦争を舞台にした戦争映画だ。
 南北戦争末期、いつまで経っても停戦の調停が進まない事態に、上司の前で悪態を吐いた主人公は最前線へと左遷される。
 そこで出会ったのは、過去に北朝鮮側との戦いで共闘した親友だった。しかし、彼の心はすっかり変わってしまっていた……。

 主人公だけでなく、脇役である兵士仲間のキャラクターが見事に立っている。毎晩の様に宴をし、水で薄めた酒を飲み語らう……まるで目の前の戦争を今だけは忘れようとしているかのように。
 面白いのは、戦いの場となるエロック高地(戦争の影響ですっかり禿げ上がった山!)の使い方である。
 攻める側が常に奪い返すこの場では、ある不思議な交流が行われている。

 あと、物凄くカッコいいのが、味方に2秒というあだ名で恐れられている敵軍のスナイパーだ。着弾してから、銃声が聞こえるまでに2秒のラグがある=680メートル離れた先から撃ってくる長距離スナイパーのことだ! 何てカッコいいんだ!
 私がこの映画をベストに挙げた理由は、そのクライマックスにある。
 予告編では壮絶にネタバレしてるから、絶対に予告編は観るなよ!



 前半戦終了! 残るは追記にて!

[2012年の映画まとめ~映画編~]の続きを読む


ランキング参加中

参加中!

検索フォーム

プロフィール

饂飩粉

Author:饂飩粉
 映画が大好きな大学生。実は特撮やアメコミなんかも好き。
 ブログは常に観た映画の中から印象深かった作品に絞って書いていくつもりです

twitter

ツイッターやってます

最新記事

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム