FC2ブログ

『ダークナイト ライジング』の壮絶なところ!



『ダークナイト ライジング』

 …………本当は同日公開の『ゴッド・ブレス・アメリカ』とか『新怪談耳袋殴り込み! 劇場版<沖縄編>』とか観ようと思っていたのだが、惰眠を貪りすぎたので地元近くのIMAXシアターで伝説の終わりを目撃しようと決めた。
 そして観たきたぞ! 『ダークナイト ライジング』!

 まず一言、

 クリストファー・ノーランお疲れ様!

 新生バットマン三部作が完結したことを、ひとまず喜ぶべきだろう。米国での銃乱射事件を聞いたときにはヒヤヒヤしたが、無事に公開されて本当に良かったと思う。
『バットマン ビギンズ』で新たなるバットマンの誕生とその戦い、生き様を丁寧に描き、続く『ダークナイト』ではその生き様を根本から揺るがす宿敵ジョーカーを登場させ、その完成度に我々の度肝を抜いたクリストファー・ノーラン(この一文長っ!)。
 我々が『ダークナイト』の続編、そして三部作の完結編として『ダークナイト ライジング』にかける期待は相当なものだ。そのはずだ。ね? ね?

 単刀直入に言うと、期待に答えてはくれなかった
 なんていうか、『ダークナイト』と比べて脚本のレベルがガクンと落ちている気がしないでもない。
 つまるところ、キャラクターの行動が不可解なのだ。
『バットマン ビギンズ』のラーズ・アル・グールは、影の同盟として犯罪の絶えないゴッサム・シティーを徹底的に破壊しようと目論む。
 続く『ダークナイト』に登場するジョーカーは、バットマンだけでなくゴッサムの市民全てを相手に、人間の独善的な本性を暴こうと次々に犯罪を起こして回る。

 では、今回の主なヴィラン(悪役)であるベインはどうか?
 詳しくはネタバレになる(なんか去年の節電ブーム並にこの映画のネタバレは規制されている気がする)ので何とも言えないのだが、今までの悪役と違って明らかに無意味なことをしているのだ
 最終的な目的を達成するために必要なことはやっているのだが、それムダじゃね?と言いたくなるような行動が目立つ。屈強な体に加えて知的な一面も持つとは言われているが、どう考えたってバカだ。これでは『Mr.フリーズの逆襲』に登場していたパシリなベインとあんまり大差ないぞ!
 具体的なツッコミをしたいのだが、ネタバレになる……なんだこの集団自意識は!

 他にも小さな疑問点がチラホラと見受けられ、中々映画にのめり込めない。のめり込めないと、つい粗探ししてしまうという悪循環が生まれる……。
 そういった事に関しては細かい矛盾点なんて気にしてたら映画を楽しめないという、非常に前向きな反対意見もあるだろう。
 だが私とて、ひいては全ての観客は誰一人として楽しむつもりで映画を観にきているはずだ。映画の世界にどっぷりと浸かって、伝説の終わりを堪能しようと、上映開始まで心の中でワクテカを弄ばせていたに違いない。
 だが、映画の内容がそれを邪魔する事だってあるのだ。
 この世には、二種類の細かいところがある。
 一つは矛盾してたところで気にしない程度の細かいところ
 そしてもう一つは絶対に矛盾してはいけない、疑問を抱かせてはいけない細かいところである。観客が「あれ?」と思ってしまったが最後、上映中、片時もその疑問が離れることはなくなってしまう。 
『ダークナイト ライジング』の細かいところは、圧倒的に後者のものばかり。これはいただけない!もう気になってしょうがない!

 だが、映像の迫力やシリアスな雰囲気は全編に渡って行き届いているので、見応えはバッチリ。ベインのマスクといい、キャットウーマンの全身タイツ(!?)といい、ノーランが撮らなければただの変質者になっていたに違いない。バットマンの存在にリアリティを感じさせている点で、その辺はノープロブレムなわけだが。
 というわけで、内容的な疑問点はあるものの、映像的な見所は多い。おかげでシリーズ中最長の上映時間も、あっという間な感覚である。とても『ヘルタースケルター』より40分も長いとは思えない。

 前2作を復習しておかないと何がなんだかってシーンが多いのは仕方ないことだし、そこには目を瞑るべき。ってか、観もせずにコレだけって人いるの? いたら早まるなとだけ言っておこう!
 個人的には、ミョーな役どころで再登場を果たすスケアクロウ役のキリアン・マーフィがお気に入り。でも出来れば眼鏡を外すシーンを挿入して欲しかったな!

 総じて、あんまり壮絶じゃない完結編となってしまっている本作だが、決してつまらない作品ではない。
 テーマはしっかりと描かれているので、そういった点に重きを置いて楽しむのが正しいだろう。
 要するに、単体では全然面白くないので『ビギンズ』『ダークナイト』は必修である。


 さて、ネタバレにならない程度にテーマに言及していきたいのだが、それは追記にて。
 あーあ、『ゴッド・ブレス・アメリカ』を観てノーテンキな記事が書きたかったよ!


 

[『ダークナイト ライジング』の壮絶なところ!]の続きを読む

スポンサーサイト



『シャーク・ナイト』の邪悪な意図!



『シャーク・ナイト』

 クッソくだらない記事タイトルだと思うかもしれないが、個人的には会心の出来である。
 というわけで、先日の『ピラニア リターンズ』に続いて『シャーク・ナイト』を観てきた。
 監督は『デッドコースター』『スネーク・フライト』『セルラー』と、ぼちぼち面白い映画を撮り続けているデヴィッド・R・エリス。この監督の作る作品は、B級ホラーのくせに堅実な作りで、話の骨格がやけにしっかりとしていて見応えがある。
 今回の『シャーク・ナイト』も例に漏れることはない。前回のピラニアさんと比べるとかなりマトモなストーリーテリングだし、それなりにドキドキする展開が、B級であることを感じさせない。
 ……とは言っても、所詮B級はB級なので細かいところを一々気にしてはいけないのだ!

 あらすじはこんな感じ。

 冴えない大学生のガリ勉クン(隠れマッチョ)が、友人(口だけ達者のガリ)は、スポーティーな黒人(意外と一途)の誘いに乗り、大学院試験も近いがバカンスに行くことに。
 主人公が行くと決意したのは、湖畔に別荘を持つ招待者が、密かに思いを寄せているヒロイン(隠れケツアゴ)だったからだ!
 他にも黒人のカノジョ(フツー)やビッチ(こんな先輩が欲しい)、さらには生粋のナルシスト(アメスパ、ピラニアに引き続きまたしても! いい加減顔覚えたぞ!)を加え、彼らはひと時のバカンスへ向かうのであった……
 ……………………その湖には46種類のサメが放たれているとも知らずになあ!

 実際のところ、登場するサメは数種類しかいないのだが。劇中で46種類と明言はされているものの、それならどうにかしてでも全部出して欲しかった!見たかった!

 さて『シャーク・ナイト』の何が良かったかと言うと、サメさんが登場するまでの平穏なひと時にも退屈しないよう工夫がなされているところである。
 まず登場人物がゾロゾロと紹介されていく過程だが、ここは遊び心満点。特にナルシストは美術のヌードモデルを引き受けている最中で、ケツをピクピクさせて女をオとしている
 愛しのヒロインに誘われて有頂天の主人公や、明らかにビッチ狙いの友人。そして公然とイチャつくカップル。アソコにまで日焼け止めを塗るナルシスト……。
 どいつもこいつも、サメの餌食になっても仕方がないくらい幸せな連中だ。サメさん、一思いにやっちゃってくだせえ!

 そしてサメは、私たちの期待に答えてくれるかのような圧倒的な強さを見せ付けてくれる。
 まず、とにかく速い。モーターボートや水上バイクに迫るスピードで、容赦なくガブリ。
 巨大な湖の離れ小島にポツンと佇む別荘は、憎き主人公達は電波の届かない場所なので孤立してしまう。ざまあ!
 待っていたって助けは来ない。早くしないと怪我人が死ぬ。こうした幾つものそれっぽい理由で、主人公達が不本意ながら湖に出向く展開はグッド。この辺りが気がかりだったのだが、上手いことご都合主義を回避して物語を進めてくれた。

 サメの数だけ、死に様がある。丸ごとパクリと持っていかれたり、小さなサメ集団に体中をガブガブやられたりと、捕食方法の引き出しの多さには驚かされる。次は誰がどんな風に死ぬんだろ……と、某ファイナル・デスティネーションシリーズのようなワクワク感が味わえるのが楽しい。

 海外では3Dでの公開だったらしく、劇中でも何度か立体視を意識したような演出が多い。でも意外と2Dで満足できちゃうのが不思議。
 恐らくは、こうしたホラーではお約束のオッパイ丸出しや幸せの絶頂セックスシーンなどがないためだと思われる。サメ意外にも下心的な意味で色々と飛び出して欲しいモノがあるというのに!
 そうしたバカ成分は控えめに、サメに襲われる恐怖や、事件の背後に隠れていた事件――というか痴情のもつれを掘り下げている。
 そう、予告編を見れば明らかなのだが、湖にいるサメは人の手によって放たれたのだ! いくら動機があるにせよ、なんでそんな面倒な方法で人を襲うんだよと言いたくもなるが、話が成立しなくなるのでこれ以上は言うまい。
 だが、案外その理由も納得できなくもないもので、わりと悪役の言い分が的を射ているのが負けた気分にさせられる。このへんがまさに邪悪な意図だ(やっつけ)
 おかげで、内容はB級なのに言ってることはA級というアンバランスな内容がギャップ萌え。


 個人的に嬉しかったのは、同じく個人的にイチオシの映画『バタフライ・エフェクト3』の主人公が、悪役で出演していたことである。このほかにも『イントゥ・ザ・ブルー2』などと、人気作にあやかっただけの低予算続編などでよく見かけるイケメン俳優なのだが、密かに私はチェックしている。惜しむらくは、日本語版ウィキペディアにはページがないことぐらいだ

 ちなみに、本編が終わった後には出演俳優達による悪趣味ラップが聞けるので、エンドロール中には席を立たないように! このラップが意外と面白くて困る! 必ず聴くべし!


 ……結局、この映画が面白かったのかと言うと、フツーだ。
 今回も追記ナシ。明後日から一週間テストなので、更新がまた途絶えるかもしれません……;

かえってきた『ピラニア リターンズ』はバカ真っ盛り



『ピラニア リターンズ』


おかえりなさい!僕らのピラニアたち!

 というわけで『ピラニア リターンズ』を観てきた。 
 監督は『ハイテンション』『ヒルズ・ハブ・アイズ』など私好みのステキなスプラッタホラーばっかり撮ってくれるアレクサンドル・アジャに代わって、『ザ・フィースト』とかいう怪物同士の交尾を人間に観察させる不気味なホラー映画を撮ったジョン・ギャラガー。フィーストシリーズは正直一作目だけが面白かったような……。

 今回『ザ・フィースト』の監督ということでホラー映画のお約束を外した展開を期待していたのだが……

 なんだかバカ正直すぎやしないか!?
 死亡フラグは、何の捻りもなく即回収!
 揺れるオッパイはスローモーション!
 正直、なんか前作よりもグダグダ!
 …………男とは、目の前にオッパイがあるだけでこうも単純な人間になってしまうのだ……たとえそれがホラー映画監督であったとしても!

 あらすじはこんな感じだ!

 夏休み、久々に帰省したヒロイン(オッパイ小さめ)が目にしたのは、亡き母が残した巨大なプール施設の無惨な姿だった……
 変態オヤジな義父(笑顔の眩しいハゲ)の手によって、ライフセーバーは皆ストリッパーに交代、アダルトプールとか言う全裸+バーのエロ施設まで追加されているではないか!
 二人の旧友(それぞれ巨乳と美乳)や、主人公(ゲイ?)や保安官の元カノ(こいつスパイダーマンに出てたいじめっ子だ!)との再会の喜びは、更なる恐怖(我らがピラニアさん方)の襲来によって脆くも崩れ去ろうとしていた……


 要するに今回はオッパイだらけのプールにピラニアさん達が突撃取材を敢行するお話である。
 どうしてプールにピラニアが発生するのか? そんなことは劇中で紹介されるので割愛だ! とりあえずオトナの醜い欲望に下った天罰ってことだよ!

 前作通りという点では、ともかくピラニアさん達が最初からクライマックス状態。決して勿体ぶらずに、オッパイねーちゃん共にガンガン噛み付いていく様は、私達的にはむしろ尊敬するハングリー精神だ。ピラニア先輩、もっと勇姿を見せてください!

 さて、ストーリーはあってないようなモノだ。
 この映画の本番はやはりプールにピラニアがやってきた時なので、それまでの流れは正直ちょっと退屈である。
 その間にもピラニアさん達は近くの川で殺戮の限りを尽くしていたりするのだが、なんだかフツーのホラー映画を観ているようで物足りない(これがどういう心境なのかは私にもよくわからない)。

 そして前作に引き続き、今回もチンコネタがある。ここではかなりの名ゼリフも飛び出すので、要チェックだ! 勿論フラグはビンビンなので「あ、コイツのチンコがやられるのか」と一発でわかる。

 さらには、前作からの続投キャストもファンには嬉しいところ。
 明らかに死んだと思われていたアイツや、そういえば一人だけ安全圏にいたアイツなど、それなりの待遇をもってして迎えられているぞ!


 そしてそして、まさかのデヴィッド・ハッセルホフが本人役で出演している。
 私にとっては「ナイトライダー(未見)ってドラマに出てる人」という印象しかなかったのだが、劇中での彼の扱いには盛大に笑わせてもらった。子供は『アナコンダ3』って言われたってピンとこねーよ!
 走るシーンがスローモーションで撮られる瞬間など胸筋がプルンプルンである。お前の乳揺れだけは見たくなかったぞ!

 倫理的にヤバめなラストシーンで本編が終了した後も、悪ふざけ同然のNGシーン集などがEDで流れるので席を立たないように!
 今回は追記ナシです! 今ならTシャツももらえるよ! 明日着ようかと思ってます!

『ヘルタースケルター』世界よ、これが日本のモンスター映画だ!

 全然更新できなくてすいません……;
 7月も映画館には行ってるくせに、家ではDVD観たりテスト勉強だったりで何かと……というわけで、久々の更新です。



『ヘルタースケルター』

 さて、先日7月14日は『ピラニア リターンズ』『ムカデ人間2』『シャーク・ナイト』と、モンスター映画が一挙公開するという、私にとっては夢のような瞬間であった。こう言うってことは、まだ一作も観てないわけだが……
 それとは別に、邦画界からも14日に『ヘルタースケルター』とかいうモンスター映画が封切られた。
 我らが世界に誇るモンスター女優、沢尻エリカ久々の主演映画である。

 沢尻エリカという人物そのものが既にモンスターなわけだが、『ヘルタースケルター』の主人公りりこも相当なモンスターだ。多分ピラニア100匹相手でも勝てる
 あらすじはこんな感じ。

 超人気モデルのりりこ。表紙を飾れば雑誌が必ず売れるほどのカリスマっぷりと美貌を持ち合わせた彼女は、実は全身を整形している。
 その美貌を維持するために、定期的に手術を行い、副作用防止のために薬を投与しなければならない。りりこは、いつか訪れる破滅の日を予期しながらも、その現実から逃げようとしていた……
 そして精神は壊れていき、周囲のマネージャーや恋人に対しても、奇妙な行動を取り始めるのであった!


 まあ、りりこのモンスターっぷりが、それはそれはトンデモないのである。
 とにかく、寺島しのぶ演じる地味なマネージャーに対する仕打ちが酷い。
 いきなりパンツ脱いで「舐めろ」だの(次の日に早速変態呼ばわり)、目の前でマネージャーの彼氏とセックスだの、ドSの極み。
 しかもなんだかんだマネージャーの方は「りりこちゃんは私がいなくちゃ何もできないんだから……」とかドMの極みで、こちらも相当なモンスターである。

 とにかく、この映画にはモンスターがたくさんいる。
 中盤、りりこの前に現れる人気急上昇中のモデル(水原希子)は、りりことは対照的で全てが天然の超美人カリスマモデル。ただし性格もわりと天然で、意図せずしてりりこを追い込んでいく悪意なき力はまさにモンスター級。

 りりこが密かに通う整形外科の病院の院長も、美を宗教か何かと勘違いしていて、なんかモンスターっぽい。平気で人を殺しそうな顔してる。

 そしてその整形外科に通っていた女性の不審死事件を追う検事役の大森南朋は、なにかと詩的な言葉遣いで周囲から顰蹙を買うという、キチガイ系モンスターである。
 初対面のりりこを、いきなり「タイガーリリー」呼ばわりするなど、完全に自分の世界の住人だ。

 更にはりりこの母(?)役を演じた桃井かおりも、詳しくはネタバレするので言えないがとにかくモンスターである。
 そして、りりこの妹も、より直接的な意味でモンスターである。いや、さすがにこれは言い過ぎかもしれないが、監督は明らかに意図しているのであえてモンスターと呼ばせてもらおう。

 最後に、沢尻エリカに負けず劣らずのモンスター窪塚洋介。りりこの恋人役なわけだが、序盤のりりことのセックスシーンで「あ、こいつモンスターだわ」とハッキリする。
 なんていうか、窪塚洋介は声の調子がいつも胡散臭いというかインタビューを受けているイタいミュージシャンというか、とりあえず窪塚洋介だ。

 とにかくモンスターだらけ。実写版モンスターハンターとは、真の意味でこの映画のことを言うのではないだろうか?
 ところで、肝心の映画の内容についてまだ何も言っていないわけだが、それは追記にて……
 予め言っておくとそんなに面白くない映画である



 

[『ヘルタースケルター』世界よ、これが日本のモンスター映画だ!]の続きを読む

『アメイジング・スパイダーマン』のアメイジングなところ!




 注意!今回の記事はサム・ライミ版の『スパイダーマン』を観ている前提で記事を書いています。
 旧映画版のネタバレがチラホラするので、観てない方はごめんなさい……でも旧映画版はめっちゃ面白いですよ!


『アメイジング・スパイダーマン』

 あの一斉を風靡した『スパイダーマン』から僅か5年……。
 僕らの大好きなオタク気質でひ弱で虐められッ子で好きな子の前でカッコつけようとして失敗する主人公ピーターパーカーが帰ってきた!
 しかしイケメンだ! どうしようもなくイケメンで、なんだかピーターと僕らの距離が離れてしまったような気がする……
 今回ピーター・パーカーを演じているのはアンドリュー・ガーフィールドという役者で、近年では『ソーシャル・ネットワーク』『わたしを離さないで』などに出演していた(両方とも観ているが、間違いなくイケメン
 トビー・マグワイアもイケメンであったのは確かだが、役柄や表情がなんとなく僕らに似ていて第一印象からして共感に値する主人公(すごく上から目線)だったのだが、アンドリュー・ガーフィールドではなあ……
 と思っていたのだが、蓋を開けてみれば意外とコミュ障だったりして「ふっ、勿体無いイケメンだぜククク……」みたいな気持ちになれたのでそうでもなかった。

 そしてヒロインを演じるのはエマ・ストーン。
『スーパーバッド 童貞ウォーズ』や『ゾンビランド』など、僕らのような野郎どもを好きになってくれる若手女優(カワイイ)で、近年は話題作への出演も増えている。
『ラブ・アゲイン』『ヘルプ 心をつなぐストーリー』など、出演する映画の出来が悉く良いので、気になった人はテキトーに出演作を漁ると大抵この女優のファンになる(被害者は語る)
 今回のヒロイン、クヴェン・ステイシーはなんとスパイダーマンになる前の主人公に恋をしやがる!
 もうこの時点で『アメイジング・スパイダーマン』のピーター・パーカーがイケメンであるという事実が劇中でも裏付けられてしまった。僕ら(先ほどから私と同類扱いしてしまって大変申し訳ない)は怒ったぞ!

 ちなみに、今回のヴィラン(敵)はリザード。原作では御馴染みらしいが、私は未読である。
 詳しく話すとネタバレになるので言えないが、旧映画版のグリーン・ゴブリンと比べると絶対的な悪役という位置づけでないことは確かだ。その辺に関しては追記にて。


 さて、そろそろあらすじを書こう……と言いたいところなのだがあらすじは大体旧映画版と一緒なので書いてもあんまり意味が無い。
 ピーター・パーカーがひょんなことからクモに咬まれて、スーパーパワーを手に入れて、ちょっとノリノリなって有頂天でいるところでベンおじさんが死ぬ
 前半は主人公がスパイダーマンになるまでをしっかりと丁寧に描いている……だが丁寧すぎて旧映画版を知っている人にはちと退屈
 同じ話を、別のスタッフとキャストで撮り直したようなものだ。デジャヴ感じまくりで、同じ原作とはいえパクりのように思えてしまう
 ピーター・パーカーはスパイダーマンになる前から青春を謳歌しやがるし、ヒロインは旧映画版と比べて間違いなく可愛いしベンおじさんは相変わらず死ぬ。おじさんはゴールド・エクスペリエンス・レクイエムでも食らったのか?

 さて、先ほどから『アメイジング・スパイダーマン』のアメイジングじゃないところばかり語っているような気がするが、私はこの映画の出来にはなんだかんだ満足している
 それは、旧映画版以上に盛り上がる中盤以降――スパイダーマン誕生の瞬間からの流れが最高にアメイジングだからだ!
 では、詳細は追記にて! 左上のランキングバナーもよろしくお願いします!



 

[『アメイジング・スパイダーマン』のアメイジングなところ!]の続きを読む


ランキング参加中

参加中!

検索フォーム

プロフィール

饂飩粉

Author:饂飩粉
 映画が大好きな大学生。実は特撮やアメコミなんかも好き。
 ブログは常に観た映画の中から印象深かった作品に絞って書いていくつもりです

twitter

ツイッターやってます

最新記事

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム