FC2ブログ

大人に縛られた世界で「本当」を生きろ!『HUNTER×HUNTER~緋色の幻影~』



『劇場版HUNTER×HUNTER~緋色の幻影~』


 ジャンプ誌上では『BASTARD!!』に次ぐレベルで休載しまくっているあのHUNTER×HUNTERが遂に映画化した。
 だが、どういうわけか最近始まった新アニメ版は妙に評価が低い。
 過去に放映していた旧版スタッフの続投を求める署名活動まで行われているという有様だ。

 一体、新アニメ版の何が古参ファンにとって不満なのかはわからないが、そうした「HUNTER×HUNTERとはかくあるべき」という固定観念を抱えていては、作品が正当に評価されることもないだろう。 
 今回の劇場版も、どうやら原作ファンから酷評の嵐に見舞われている。
 私はグリーン・アイランド編をちょこっと読んだくらいで、大した思い入れもなかったわけだが今年劇場公開される映画は全部観るという謎の抱負を掲げてしまったので劇場に足を運んだ。


 結果、なかなか面白い作品であった
 原作を知らない=原作との相違点がわからない。というのが幸いしたのか、キャラクターはしっかりと立っていたし、幻影旅団?という敵組織の登場のさせ方も上手い。
 何より、ストーリーが非常によくまとまっていて、ターゲット層であろうお子さん方に対してもよく伝わるメッセージ性を持っている。それでいて、意外にエグい描写があったりと「これなら往年のファンも納得するんじゃね?」と思ったのだが、現実はそうでもないようだ……。


 あらすじはこんな感じ。

 偉大なハンターであるらしい自分の父を探す旅に出ているゴン。そして彼の仲間である、暗殺者一族の末裔キルア。
 二人はある日、仲間であるクラピカの持つ「緋色の眼」が奪われたとの報せを受けて彼の元に急行する。
 どうやらクラピカによると、全滅させられた筈のクルタ族(クラピカはその唯一の生き残り)の一人に出会い、眼を奪われたのだという。
 ゴンとキルアは、ハンター仲間のレオリオと共に、クラピカの眼を奪った者の正体を探るために調査を開始するのだった!


 うむ、非常に少年ジャンプらしいストーリーではないか。仲間のために立ち上がった主人公らが、強大な壁にぶつかり、挫折しかけたところを友情パワーで打開…………でも原作のハンターハンターはそんな感じじゃないらしい
 どうやら最近は熾烈な心理戦に重きが置かれているのだとか。昔はどうだったんだよとか言いたくもなるが。

 さて、王道とも言えるストーリーであるが、なかなかどうしてコレが楽しい。
 加えて前述したようなメッセージ性もあり、テーマがしっかりとしているのだから個人的には言うことなし。
 原作を知らない私でも楽しめるような設計でありながら、もとより知っている方にとってもクドくなりすぎない程度の説明。
 TVアニメから派生した劇場版としては、今年観た中で今のところ一番面白いと断言できる傑作である。

 どうしてそんなに面白かったのか? テーマについては追記にて!


[大人に縛られた世界で「本当」を生きろ!『HUNTER×HUNTER~緋色の幻影~』]の続きを読む

スポンサーサイト



非公認戦隊アキバレンジャー先行試写会!

 今回は映画ではないが、試写会にて鑑賞した映像作品についての記事にしようと思う。

 その映像作品の名は…………



非公認戦隊アキバレンジャー!

 ……というわけで、アキバレンジャーの先行試写会に馳せ参じてきた。
 抽選が当たって、なんか色々貰えて、役者さんの舞台挨拶も込みで超てんこ盛りの上映会であった。
 説明するのが一々面倒なので気になる方はリンクを参照ということで……。

 とりあえず、戦隊オタク武闘派少女コスプレイヤーがヒーローに変身し、邪団法人ステマ乙と戦う物語である。
 美少女フィギュア兼銃を用いて変身し、彼ら三人は非公認戦隊アキバレンジャーになるのだ。
 本拠地(戦隊カフェ)あり、美人の博士あり、主人公が恋する全く無関係のヒロインあり……一応、設定だけなら毎週日曜朝7:30から放送中の戦隊ヒーローシリーズと変わらない。

 だが彼らは非公認戦隊で、しかも放送時間帯は深夜である。

 つまり、ちょっぴり大人向けの内容になっているのだ。
 試写会は本編第1話の上映だったのだが、30分にも満たない尺の中に驚くほどの戦隊ヒーローネタが登場する。
 主人公が口にしただけでも、デカレンジャー、マスクマン、マジレンジャー、ギンガマン、あとファイブマンだかガオレンジャーとかもうあんまり覚えてない……;
 主人公の戦隊ネタマシンガントークについていくことなど、余程の博識でない限り不可能なのではないだろうか……

 女幹部のコスチュームや、アキバブルーの堂々たるパンチラ、戦隊ヒーローのお約束をネタにするなど、色々と子供向けではない要素は他にも多い。

 アクションは比較的マジメにやっているし、ゴーバスターズにも引けを取らない十分な出来。
 スタッフも監督に田崎竜太、脚本に荒川稔久とこちらもマジメ。ギャグは面白いし、観る前に危惧していたあざとさも意外と感じられなかった。多分特撮好きはマニアックになればなるほど嬉しくなるのだろう。
 これは中々期待できそうなので、放送開始が待ち遠しい。
 記憶が曖昧だが、4月6日とか9日ぐらいから始まるとか。
 あとネットでの期間限定無料配信も決定したそうなので、気になった方は是非!


 あ、今回は追記ナシです;

ランキング参加中

参加中!

検索フォーム

プロフィール

饂飩粉

Author:饂飩粉
 映画が大好きな大学生。実は特撮やアメコミなんかも好き。
 ブログは常に観た映画の中から印象深かった作品に絞って書いていくつもりです

twitter

ツイッターやってます

最新記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム